レベル

いろんなところにドラッグできるよ

プレイを続けるには上にスワイプしてください

レベル
レベル
 
 
 
Wildz Casino
Promo Left Image
Promo Right Image
100% BONUS up to 500€
+ 200 Free Spins

初回入金時のみ利用可能。ボーナスは35倍の賭け条件が適用。フリースピンは8日間1日あたり25回ずつ。詳細はこちらへ!

ブラックジャック

ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックは通常、6から8デッキのカードでプレイされます。ここでは最も一般的なルールを説明します。 ワイルズカジノでは異なるサイドベットを取り入れたバージョンがあります。これらのルールのバリエーションについては、各ゲーム内のインフォメーションを参照してください。

ブラックジャックの目的は、カードの合計数を可能な限り21に近づけることです。 22以上となったカードの組み合わせはBUST/バーストであり、ハンドを失うことになります。プレイヤーとディーラーが同じ数の場合はPUSH/プッシュ、つまり引き分けの場合、賭けたベット額は戻ってきます。

ディーラーはハンドが17以上になるとSTAND/スタンド(カードを引かない) 、つまりそれ以上カードを引くことはできません。

ベットを置くと、プレイヤーとディーラーの両方にそれぞれ2枚のカードが配られます。プレイヤーは自分のカードとディーラーの表向きにされた1枚のカードを見ることができます。

  • ディーラーの1枚のカードがAの場合: プレイヤーは賭け金の半額を払って「ブラックジャック保険」をかけるオプションがあります。インシュランス/保険をかけ、ディーラーがブラックジャックだった場合、プレイヤーはインシュランス額の2倍を受け取り、ラウンドは終了します。ディーラーがブラックジャックでない場合、インシュランス料は没収され、ハンドは通常通りプレイされます。

ディーラーの表向きのカードがA以外の場合、プレイヤーのハンドに応じて以下のオプションが利用可能です。

  • プレイヤーに配られた最初の2枚のカード合計が9〜11の場合: プレイヤーは自分のベットを2倍にするDOUBLE/ダブルダウンオプションがあります。ベットを2倍にする場合、追加で引けるカードは1枚のみとなっています。

  • プレイヤーに配られた最初の2枚のカードが同じ数字の場合:プレイヤーにはSPLIT/スプリットするオプションが与えられます。カードは分離され、ハンドを2つにすることができます。この場合、同額のベットを分離したカードにも置き、それぞれもう1枚のカードが配られます。その後、これらの2つのハンドは通常どおりにプレイします。HIT/ヒット(カードを引く)か、スタンドか、もしくはダブルダウンすることができます。

  • その他の合計数字:プレイヤーが追加のカードをヒットし、そのハンドの合計値に満足したらディーラーと勝負をするためにディーラーの合計値を見ます。数値が21を超えない限り、ヒットするカードの枚数に制限はありません。

マルチハンドブラックジャック

ランドカジノのように、プレイヤーは1回のラウンドで複数のハンドをベットすることができます。ワイルズカジノ、そしてランドカジノでもテーブル毎に最小ベットと最大ベットは決められています。

ディーラーのハンドが公開されると、ディーラーはすべてのプレイヤーのハンドに勝利する可能性もありますが、一般的にはプレイヤーのいくつかのハンドは勝ち、いくつかのハンドは負け、となることがほとんどです。そしてもちろん、ディーラーがバーストし、バースしなかった全てのプレイヤーハンドが勝利するという可能性も常にあります。

マルチハンドスタイルを好むプレイヤーは多くいます。その理由は、マルチハンドでプレイして損失を緩和するため、そしてカードをコントロールする意味もあります。

ディール・オア・ノーディールブラックジャック

オンラインのブラックジャックにはランドカジノにはない様々なバージョンがあります。Deal/ディールまたはNo Deal/ノーディールと呼ばれるブラックジャックのバージョンは、オンラインでしか見られないバージョンの一例です。

ディール・オア・ノーディールブラックジャックは、ディーラーとプレイヤーにそれぞれ2枚のカードが配られた直後にプレイヤーがゲームを続けるか否かの選択ができるブラックジャックのバージョンです。この時点で「ノーディール/取引なし」を選択する場合のペイアウト額が表示されます。プレイヤーのカードが弱くディーラーのカードが強い場合にはノーディールペイアウトは低く、逆にプレーヤーが強いカードでディーラーが6などの弱いカードの場合には高いペイアウト額が提供されます。

ディーラーとプレイヤーに2枚のカードが配られた際に提供されるこれらのディール・オア・ノーディールペイアウトは、カジノゲームのプレイ中に人間が素早く計算することは不可能です。これこそ、 オンラインカジノならではのプレイ特典といえます。

ブラックジャックに関する確率

ブラックジャックは、Wildz.comを含むオンラインカジノのゲームでは最高の 還元率 (RTP) を持っています。そのRTPは99%を超えます。99%を超えるということは、ブラックジャックで賭けられた1,000円につき990円以上がプレイヤーに戻されることを意味します。このRTPが非常に高い理由の1つは、ディーラーとプレイヤーハンドが同じ数の場合、プッシュ(引き分け)となり、ベット額は返されることが挙げられます。しかしいくつかの国のカジノでは、プッシュの場合ディーラーの勝利となるルールもあるので、プレイする前にそのカジノのルールを確かめましょう。

かつブラックジャックのRTPは、ゲームで使用されるデッキ数により変わってきます。ほとんどのオンラインブラックジャックゲームは6〜8デッキを使用しますが、ランドカジノでは8つのデッキを使用します。オンラインではシングルデッキブラックジャックというバージョンもあり、この場合のRTPは99.87%、8デッキでは99.35%です。どちらにしても、ブラックジャックのRTPは非常に高いままです。

ブラックジャックを筆頭にカードゲームのRTPは非常に高いため、ボーナスマネーでプレイする際は賭け条件をクリアーするためにプレイできないゲームとなっている場合がほとんどです。もしくは賭け金の一部がクリアーされる仕組みになっています。 詳細については、一般利用規約 のセクション8.12、さまざまなゲームの賭け条件貢献率についての詳細をご覧ください。

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックに似たゲームが最初に言及されているのは、Miguel de Cervantes著書のNovelas ejemplaresです。ドン・キホーテの作者であるMiguel de Cervantesはこの本の中で、スペイン語の21にあたる* veintiuna *というゲームで、天才詐欺師二人の話をしています。この短編小説は1601年から1602年の間に書かれたため、ブラックジャックは少なくとも17世紀初頭にはプレイされていたようです。しかしそのルーツは、それよりもっと以前と考えられます。

このゲームが米国でプレイされるようになった際、プレイヤーはスペードのAとブラック(スペードまたはクラブ)のJというハンドになると10:1のペイアウトを受け取るルールが含まれていたため、「ブラックジャック」という名前が付けられました。 10:1のペイアウトルールは最終的に無くなりましたが、名前は引き継がれました。

1950年代までに、ブラックジャックは世界中のほぼすべてのランドカジノに広がりました。 ブラックジャックはどこのカジノでもプレイでき、ギャンブルが許可されているバーやナイトクラブなどのカジノ以外の施設でも提供されているテーブルゲームです。

早速始めよう!
Loading...
[i18n] Real-money free spins

リアルマネーリワード

  • 10 〜 20%のキャッシュバック
  • 賭け条件なし
  • 特別限定オファー
アカウントマネージャー

アカウントマネージャー